本文へ移動

いなもち医院便り

いなもち医院便り

今月の興味を持っていること         

2021-12-20
~ 太陽と生命力の関係 ~


    夕方5時半、受付を終了するともう真っ暗になっています。

    いよいよ冬至ですね。今年は1222日と聞いています。


    古代、冬至は1年で一番太陽の力が弱まる日と捉えられていたようです。

    この時期は感染症が拡大する時期と重なっていますから、かぼちゃや、

    冬至粥(小豆粥)を食べ、柚子湯に浸かることで、太陽の光の代わりに、

    栄養を補い、血液の循環を良くして生命力を高めようと昔の方が考えた

    のを、かぼちゃやゆず、小豆の色から妙に納得できました。

   

    ところでインフルエンザが流行しても医療崩壊しないけれどコロナ感染

    症拡大は医療崩壊を招くことを知ってほしいという専門家の意見を最近

    耳にしました。

    確かに鋭い指摘で、このポイントをより多くの人が理解することが大切

    だと思いました。

    引き続き感染予防に努め生命力を高めて感染症を予防し、みんなで

    この冬の医療崩壊を予防出来たら、何より素晴らしい年越しが

    実現しそうです。

   

    今年も1年間読んで頂いてありがとうございました。

    どうぞ良いお年をお迎えください!   

                                 院長 稲用博史

今月の興味を持っていること  

2021-11-20
 ~ SDGsについて ~   

   今月になって、日常会話で初めてSDGsという言葉に接しました。

   私たちにはあまり関係のない、ビジネス界の人たちのための言葉なんだ

   ろうと思っていたのですが、スポーツ医と関係のある場面だったので少し

   気になって調べてみました。

   

   すると「No,3 全ての人に健康と福祉を」という項目が1つあり認識を新た

   にしました。特に注目したのは「医療と福祉」ではなく「健康と福祉」になって

   いるところです。

   

   健康は病気になる前に備わっている状態です。

   だから、健康を維持する保健、病気にならないようにする予防、そして病気

   を治療する医療、最後に病気からの回復に努める養生、この全てを備えて

   健康を実現していこうという目標が素晴らしいと思いました。

    

   整形外科のリハビリを例にとっても、運動機能を保ち続けるための予防とし

   てのロコモ運動、介護保険での機能維持・機能向上、そして骨折や病気

   からの機能回復と3つのステージがあり、それぞれに厚生労働省は定義

   して制度に反映させています。

   

   これからもそれぞれの違いを丁寧に伝え地域に貢献させて頂こうと思いを

   新たにしました。

   少しわかりにくいかもしれませんので、整形外科領域の医療と予防・保健

   について、分からないことがありましたら、何でも相談してください。                

                                     院長 稲用博史

今月の興味を持っていること 

2021-10-20
 ~ 寒い季節のお気に入りの健康習慣 ~  

  1017日の日曜日から、寒くなるという天気予報が的中して、11月中旬の

   寒さですね。いよいよ、寒い季節の健康管理を意識する時節となりました。

   

   寒い季節は、感染症の予防に一層の注意が必要ですが、他には血圧の

   安定のために保温や食生活の工夫など、毎日続けられるお気に入りの

   生活習慣が助けになります。私は両親とも高血圧だったので、我が家では

   血圧管理にはこだわりがあります。

   

   フリースの部屋着が出たときは感動して、それ以来ずっと愛用しています。

   また、足元の暖房やトイレ、脱衣場の暖房は、以前はちょうどいい暖房

   器具を探すのに一苦労していましたが、最近はホームセンターにセラミック

   ヒーターの小さいタイプが充実して安くてしかもセンサー付きのエコな製品

   がどんどん出てきているのでありがたいですね。

   

   最近のマイブームはスパイス!

   もともと、生姜や朝鮮人参は愛用していたのですが、最近はシナモンや

   スパイスカレーなど、スパイスが自律神経を整える効果を実感しています。

   血圧管理は自律神経のストレス管理という面もあると理解して、この冬も

   気に入った生活習慣を増やしていきたいと思います。

                                    院長 稲用博史

   

今月の興味を持っていること  

2021-09-20
~ ワクチン接種とその後の行動について ~ 

   秋らしさを感じることが増え、朝夕はすっかり涼しくなってきましたね。

   朝晩と日中の気温差が大きいので、体調管理に十分気をつけてください。

 

   ワクチン接種を行うことで感染を予防することができ、感染しても重症化をふ

   せぐことが出来ますが、効果は100%得られる訳ではありません。

   ですから、相手に感染させない、そして相手から感染されない、新型コロナ

   ウイルスと特有の感染予防の徹底が大切になります。

   

   感染経路に着目すると、いわゆる“3密”の状態でなければ空気感染リスク

   はほとんど無く、90%以上は接触感染だと言われています。


   したがって、お互いにマスクをする、手をよく洗うことが大切で、特に目・鼻・

   口の粘膜を触る前には手をよく洗うことが大切なようです。


   心がけましょう。

                                    院長 稲用 博史

今月の興味を持っていること 

2021-08-20
 ~ 睡眠について ~


   立秋を過ぎて、朝夕は少しだけ過ごしやすさを感じています。

   そうはいっても、まだまだ日中の暑さは厳しいまま。

   こんな時期は何より睡眠が大切です。


   睡眠は、気持ちよく寝付けると、それだけで質が上がると言われています。

   そこで、私も医療者として、個人としていろいろと試してきました。


   最近気に入っているのは、パッフェルベルのカノンという曲を小さな音で流し

   ながら寝床に入るという方法です。

   とてもゆったりした美しいメロディで、リラックスできます。

   少し小さめの音にするのがコツで、眠りに入り始めると自然と音楽が遠のいて

   いく感じになり、本当に気持ちよく入眠できます。

   

   最近は、無料の動画でヒーリングミュージック、ヒーリンククラッシックなどリラッ

   クスを促すための音楽がたくさん出回っていますから、ぜひお気に入りを見つけ

   て試してみて下さい。

   

   そして心がけてほしいのが


   眠るために聴いているわけではない


   というポイントです。

   

   確かに、気持よく入眠するために聴いているのですが眠ろう眠ろうとすると緊張

   が高まり自律神経は興奮し、脳内ホルモンはストレスモードになってしまいます

   

   脳にとっては部屋の電気を落とし寝床に入って横になり、目を閉じて静かに過

   ごしている状態は、眠っているのとほとんど同じ。

   だから目を閉じて音楽を聴き始めたら、リラックスして音楽を聴き続けましょう。

   そうすると、いつの間にか眠ってしまいます。

   

   眠ろうとするのではなく、いつの間にか眠ってしまう。

   この心地よさを味わい、質の良い睡眠で残暑の時期を乗り切りましょう。                     

                                       院長 稲用博史

医療法人社団いなもち医院
〒671-2542
兵庫県宍粟市山崎町船元79-1
TEL.0790-62-8808
2023年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2023年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
新型コロナワクチン(オミクロン株対応1価ワクチン:XBB1.5)当院接種スケジュールが決まりました。12月より開始 【受付14:00~14:20】【接種開始14:30~】完全予約制 接種日 12/4月(満員)12/8金・12/11月・12/22金・12/25月(残有)
  • 木・土午後休診
  • 当番医9:00~17:00往診は無
  • 平日の祝日は赤字表記
お問い合わせ ☎62-8808
TOPへ戻る